【5月26日(木)Zoom開催】「成長の角度を上げる若手社員育成法」開催のお知らせ(参加費無料)

掲載日:
カテゴリー:トピックス一覧,企業向け研修・コンサルティング

ビジネス

主なご参加対象

・人事教育の担当者

このような方には特におすすめです!

・いまどきの若手の教育について、どう対策をうてばいいかわからない
・若手の早期戦力化を狙った育成の機会を模索している
・若手の育成は配属部署に任せっきりになっている

ご参加のおすすめ

4月に入社した社員をどう育成するか、若手の戦力化は、組織の成長に大きな影響を与えます。
即戦力化を期待されるが故、目先のスキル・知識強化に目が行きがちですが、より成長の角度を上げるためには、社会人としての基礎能力(社会人基礎力)の向上をあわせて行うことが必要です。
知識習得とは異なり、社会人基礎力は学んですぐに身につくスキルではなく、継続学習により自らの行動を振り返る機会を定期的に設けることが重要です。
同期同士で切磋琢磨し、若手が自ら成長する習慣をつくることにもつながり、その後の成長にも影響を与えます。
今回、人事教育担当者を対象に、社会人基礎力の診断を活用し、『主体性』・『実行力』の強化を図った、成長の角度を上げる若手社員教育方法をご紹介するセミナーを開催いたします。
この機会に積極的な、ご参加ご検討をいただきましたら幸いに存じます。

★セミナー案内状はこちら★

☆WEBお申込みはこちら☆

社会人基礎力について

経済産業省が提唱されている、職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力が「社会人基礎力」であり、若手社員が早期に習得したい能力です。
一般社団法人日本経営協会では社会人基礎力を見える化できるWEB診断ツールをご用意しております。
よろしければ、下記リンクより詳細ページご覧ください。

★社会人基礎力WEB診断のご案内★

プログラム

1.近年の若手社員の傾向
・近年の離職率について
・組織が求める20代社員のスキルとは

2.『主体性』・『実行力』を高めるポイント
・学習効果の高め方
・行動実践への繋げ方
・社会人基礎力診断の活用

3.若手社員育成プログラム
・『主体性』・『実行力』の強化プログラム紹介

講師

江川講師
江川 紀子
一般社団法人日本経営協会 講師

短大、および専門学校卒業後、東証2部上場のアパレルメーカーにて企画デザインとして勤務。
その後アパレル業界向けの営業・企画・フリーデザイナーとして活動し、ショッピングモール・海外百貨店の広告用スタイリングなどを担当。
その後、小売業における営業企画研修、営業マンの印象強化指導などを実施し、販売の第一線における社員のイメージアップ戦略に関わり始める。その実績から様々な業界から企業研修の依頼も増え現在に至る。2004年~ 講師として独立
受講者の知識レベル、意識レベルを観察し、最大の効果が出せるよう臨機応変な対応を心がけ、受講者の納得度も高く、わかりやすいと評価されている。

日 時

2022年5月26日(木) 14時00分~15時00分

場 所

WEB会議システム「Zoomミーティング」上で開催

参加料

無 料(ただし、1社(団体)につき2名様までとさせていただきます)

対 象

企業(団体)の人事教育の担当者

申込方法

・下記をご覧いただき、こちらより必要情報の入力をお願いします。
・教育研修機関からのご参加はご遠慮いただいております。

■セミナーの受講方法

普段お使いのパソコンやスマートフォン・タブレット端末でご参加できます。
・WEB会議システム「zoom」での配信となります。
・パソコンではブラウザで視聴できます。スマートフォンの場合は専用アプリのインストールが必要です。

■ご参加にあたってのお願い

・本セミナーではお顔とお名前の表示をお願いしておりますので、ご参加の際はカメラとマイクのご準備をお願いいたします。表示が難しい方は、下記宛先までご連絡をお願いいたします。
・本セミナーの録画・録音はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

■お申込後の流れ

1.セミナー開催の前日夕刻までに、受講者に「ご招待メール」をお送りします。
※迷惑メールとして処理されないよう、「@noma.or.jp」からのドメイン受信設定をお願いします。
2.招待メールが届きましたら、セミナー当日に指定されたURLをクリックしてください。
(入室時にお名前を表示をお願いします。)
3.セミナー当日は、開始の15分前から入場が可能です。

 

お問合先

一般社団法人日本経営協会 中部本部 経営開発G 野崎・古橋

〒461-0005 名古屋市東区東桜1-13-3
NHK名古屋放送センタービル10階
TEL(052)957-4174 FAX(052)952-7418
メール chubu-haken@noma.or.jp